ペットのお薬にジェネリック医薬品がいい?

by Yasuo Ota

ペットのためのお薬のこと、深く考えたことはありますか?どうしても医薬品の話になると、難しさや堅苦しさというイメージがつきまとうものです。そして、勉強をする熱意は、どんどん薄れていく…でしょうか。そんな日々に別れを告げましょう。あなたの大事な愛犬の健康は、あなたの判断に委ねられています。今回扱うのは、ペット用お薬のジェネリックについてです。

ペットのためのお薬にも(人間のそれと同じように)ジェネリック医薬品が存在します。ジェネリック医薬品とは、有効成分は同じままで、価格を安く抑えたタイプのお薬です。特許の切れたお薬の成分を真似るようにして製造されているので、開発費が発生せず、その分のコストを回収する必要がないために、値段が安くなっています。消費者にとっては、同じ有効成分でありながら、値段は安い、という夢のような選択肢であると言えるでしょう。

ペットのためのお薬として、ジェネリック医薬品を考えるのはおすすめです。人間の場合と変わりません。しかし、どのように入手すればいいのでしょうか。まずはかかりつけの獣医さんに相談することをお勧めしますが、それ以外にも、入手できる経路はあります。それが個人輸入です。個人輸入とは、海外から個人的に物品を輸入する手法です。輸入というと難しそうなイメージですが、ほとんどは代行サイトに任せることができます。代表的なものが、フェミートです。一番の有名どころではないでしょうか。フェミートは、ペットのお薬を専門に扱うサイトです。フィラリア症予防などのお薬が豊富に取り揃えられているので、ラインナップで困ることはまずないでしょう。フェミート (Femito) は信頼できるサイトですが、個人的に輸入したお薬については、獣医さんに意見をもらうようにしてください。